「知」を伸ばす取り組み

「知」を伸ばす取り組み

知を伸ばす取り組みと言っても、毎日毎日、子どもたちに「知識」のシャワーを浴びせて、がんじがらめに縛り付けることではありません。

「朝」・・・子どもたちが登園してくると・・・
「めりはりをつけて かつどうしましょう。」
年長のクラスでは、黒板に先生の字で短いコメントが書かれています。それは担任からの子どもたちへのメッセージであり
ひらがなの練習のためのお手本でもあります。そのお手本をノートに書き移すことから
年長組の子どもたちの一日が始まります。
子どもたちの「知的成長」を急ぐあまり、暗記を中心とした詰め込みの幼児教育に走るのではなく
こうした毎日の積み重ねの中で・・・ゆっくり、一歩一歩・・・着実に階段を上がる取り組みこそが、大切だと考えています。
「知りたい」「出来るようになりたい」・・・と言う、子どもたち自身のやる気や意欲をベースに
無理強いしない、ゆったりとした保育が何よりも大切ではないでしょうか?
ノーベルの時間
「ノーベル」は、とっても楽しい! なんだか自信がわいてくる!
だって、園長先生にいっぱいほめられるし、「よくできました!」「よくがんばりました!」・・・って、頭をなでてくれるんだ!
だから、園長先生の「ノーベル」の時間がとっても楽しみ!
「ノーベル」とは、学習教材を使い園長みずから指導する、いわゆる「おべんきょう」の時間です。
でも、いずみ学院幼稚園の「おべんきょう」は、子どもたちに知識を与え点数をつけて、頭の良い子・悪い子を選り分ける時間ではありません。
ひとりひとりと会話を交わしながら、間違っているところを見つけ、なぜ間違っているかを子どもといっしょに考える時間。
だから、子どもたちは、いつも「100てん」・・・とっても、気持ち良〜い・・・時間なんです!
小学校の入学を前に、学ぶ楽しさを知るための、た・い・せ・つな時間です。

「おべんきょうって」て楽しい!

みんな100てん!