子どもたちは毎日このように過ごしています。

早朝預かり保育
午前8時からお子さまをお預かりします。
登園
2コースを回るバス登園と歩きによる登園に別れます。 歩きコースの登園は9:30分に開門となります。
着替えを済ませて、持ち物の整理整頓が終わると、自由あそびなどで全員が揃うまでの時間を過ごします。年長はその間に課題を済ませたりします。
朝の会
全員の登園が終わると朝の会が始まります。 「お当番さん」のリードで、歌をうたったり、 出席をとったり、出席カードにシールを貼ったりします。
一斉の活動
朝の会が終わると一斉の活動が始まります。あらかじめ決められた月案・週案にそって学年単位、クラス単位の活動が行われています。それぞれのクラス担任が協力し合いながら、スムースに進めて行きます。
昼食
昼食は、みんなで一緒の給食を頂きます。
Free Fridayの日は、ご家庭からのお弁当となります。
午後の活動
午後の活動はその日によってまちまちです。行事の前などには、その練習になることもありますが、一般的には、園庭に出てみんなで元気に遊びます。
降園
明日も元気に来るからね!
先生やお友だちと約束して、おうちに帰ります。
預かり保育
降園の時間に、お子さんをお迎えできないご家庭のために、保育終了後から午後6時までお子さんをお預かりします。
夏休み・冬休み・春休みなどの長期のお休みの間は、午後5時までとなります。 なお、幼稚園のお休みの日や、先生の研修などで休止になる場合もあります。
登園時には、年長さんが年少さんをお世話しているこんな光景に出会います。
クラスで飼っているカメの世話もみんなでやります。

保育室の「おそうじ」などは、「おとうばんさん」の「おしごと」です。
昼食の後は、歯磨きも忘れません。
降園の時にも、年長さんが年少さんをサポートします。